CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
汝いづこへゆく
汝
和風RPGです。
               
PROFILE
OTHERS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
長州ファイブ  chosyu edition
長州ファイブ chosyu edition (JUGEMレビュー »)

映画館でも見に行きました。役者さんと史実の写真が結構似ている。
長州藩の5人留学生達を外国では長州ファイブと紹介したのが題名になっている。だから、戦隊物と間違えぬように。
RECOMMEND
世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)
世に棲む日日〈1〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
司馬遼太郎の幕末小説では、龍馬がいくもいいけれど、自分としてはこれを推す。松陰先生と麒麟児高杉晋作の物語。
RECOMMEND
花神〈上〉 (新潮文庫)
花神〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
大河ドラマの原作にもなった、大村益次郎に焦点を当てた面白い作品。
RECOMMEND
木戸孝允 (1968年) (中公新書)
木戸孝允 (1968年) (中公新書) (JUGEMレビュー »)
大江 志乃夫
あまり分厚い本ではないので手軽に桂さんと幕末明治の成り立ちを知ることができます。
RECOMMEND
氷川清話 (講談社学術文庫)
氷川清話 (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
勝 海舟
読んでいる間、勝海舟さんの生の会話を聞いているような感覚になりました。
RECOMMEND
新撰組流山始末―幕末の下総と近藤勇一件 (1979年)
新撰組流山始末―幕末の下総と近藤勇一件 (1979年) (JUGEMレビュー »)
山形 紘
新撰組を通して知る、千葉の歴史。まだ間違い探しできてません。
RECOMMEND
明治無頼伝 (角川文庫)
明治無頼伝 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
中村 彰彦
明治時代での斉藤一(というより会津藩士達)に焦点を当てた珍しい小説。
RECOMMEND
新撰組顛末記
新撰組顛末記 (JUGEMレビュー »)
永倉 新八
わざわざ壬生神社で買ったのに、近所の本屋に普通にあったという思い出があります。
RECOMMEND
用心棒日月抄 (新潮文庫)
用心棒日月抄 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周平
青年、青江又兵衛の二十年余りをえがいた大河小説。NHKのドラマの「腕に覚えあり」の原作。
高校のころ滅茶苦茶はまっていました。
RECOMMEND
逆軍の旗 (文春文庫 (192‐11))
逆軍の旗 (文春文庫 (192‐11)) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周平
罪を背負っていけども、精神は清く。という印象を受けました。個人的にこの作品のそういう所が好きです。
RECOMMEND
明智光秀
明智光秀 (JUGEMレビュー »)
早乙女 貢
あえて天海和尚説に則ったところがすごい。とにかく光秀がカッコイイ。
RECOMMEND
三国志〈13の巻〉極北の星 (時代小説文庫)
三国志〈13の巻〉極北の星 (時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
北方 謙三
美周郎と馬超がカッコイイ。女性登場人物の殆どが不幸になります。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

ひょうぶろぐ

オフライン (現実) での諸事情により、思うように更新できない状態が続いております。
外部のリーダーでブログを無断で読み込むのは止めて下さい。
サーバーが重くなります。
<< 極東のブラックデーであいましょう | main | 極東から徹夜明けテンションでまいる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
極東生存報告
▽気が付いたら前回の記事から物凄い間開いてしまった、お粗末。
こんにちは、兵部大輔です。生存報告です。
微妙に管理人の私生活が解らないこのブログです。つまりどちらかといえば、わたくしは私生活をあまり書かない方では無いかと思います。
そんなわたくしですから、マンガやゲーム作っていないと、何にも書く事がありません。
あったとしても、1記事書くのに平均2時間くらいかかるので、今書けません。
ので、落書きを適当にUPだけしておきます。
しかも男しか描いていません。お粗末。

【ジャージ論】
棗は、場合によっては大人っぽくも子供っぽくも見える顔しているように描いております。服装によっては若返る。
ジャージはゴム袖の部分がちょっと手にかかる所が萌えるのだろう?という絵です。
棗は場合によっては釣り目にみえたりタレ目に見えたりするように描いております。
どうでもいいが、これ↑メガネないと別人になってしまう。

【いとまえの脇キャラ】
作者はピンクのズルッグと呼んでいる
まだ名前すらでてきていない脇役です。サイトで紹介していないけれど、本編にいきなり出て来た、プレイヤーサプライズ(?)キャラクター。脇役だって生きている。

【死天忌譚】
煌さんの制作状況を見ながら様子見中です。
メガネ祭り。この人は純然たるタレ目。
ちょっと髪が長くなってしまった陽王。
ツンデレ長髪主人公
描く事はかくけれど、よく失敗する為、なかなかUPしない芳乃。
一色巽といい女顔描くのは苦手のようです。


ゲーム(いとまえ)制作の状況は「シーン5」の文章打っています。
ネタバレですが5シーン目はやっと主人公は武器を手に入れる話です。古谷剣につれられて、適当な武器屋で適当な武器を買うだけの話です。いわゆる、「つなぎ話」。
このつなぎ話を書くのが一番書きづらい!
こう、いとまえのようなマンガっぽい話しの作り方をしていると、武器を手に入れるのにも一波乱ないといけないような気がするんですが、話広げようがない。問題を切り抜ける為に護身の為に武器を貰いに行って問題に巻き込まれたら、本末転倒というか、死んでしまうよ、アスナ君が。あと、一々アクション起こすたびに困難と闘いまくるというのは暑苦しい。本当に話広げようがないです。
そして、いとまえは下書き・プロット無しでかいておりますので、見切り発車も良い所。
なんで、今発射したものの着地点が見えない感じです。お粗末。
まあ、数々の前例とセオリーにならって適当にやっておきます。
| その他漫画・イラスト | 01:07 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 01:07 | - | - | |