CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
汝いづこへゆく
汝
和風RPGです。
               
PROFILE
OTHERS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
長州ファイブ  chosyu edition
長州ファイブ chosyu edition (JUGEMレビュー »)

映画館でも見に行きました。役者さんと史実の写真が結構似ている。
長州藩の5人留学生達を外国では長州ファイブと紹介したのが題名になっている。だから、戦隊物と間違えぬように。
RECOMMEND
世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)
世に棲む日日〈1〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
司馬遼太郎の幕末小説では、龍馬がいくもいいけれど、自分としてはこれを推す。松陰先生と麒麟児高杉晋作の物語。
RECOMMEND
花神〈上〉 (新潮文庫)
花神〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
大河ドラマの原作にもなった、大村益次郎に焦点を当てた面白い作品。
RECOMMEND
木戸孝允 (1968年) (中公新書)
木戸孝允 (1968年) (中公新書) (JUGEMレビュー »)
大江 志乃夫
あまり分厚い本ではないので手軽に桂さんと幕末明治の成り立ちを知ることができます。
RECOMMEND
氷川清話 (講談社学術文庫)
氷川清話 (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
勝 海舟
読んでいる間、勝海舟さんの生の会話を聞いているような感覚になりました。
RECOMMEND
新撰組流山始末―幕末の下総と近藤勇一件 (1979年)
新撰組流山始末―幕末の下総と近藤勇一件 (1979年) (JUGEMレビュー »)
山形 紘
新撰組を通して知る、千葉の歴史。まだ間違い探しできてません。
RECOMMEND
明治無頼伝 (角川文庫)
明治無頼伝 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
中村 彰彦
明治時代での斉藤一(というより会津藩士達)に焦点を当てた珍しい小説。
RECOMMEND
新撰組顛末記
新撰組顛末記 (JUGEMレビュー »)
永倉 新八
わざわざ壬生神社で買ったのに、近所の本屋に普通にあったという思い出があります。
RECOMMEND
用心棒日月抄 (新潮文庫)
用心棒日月抄 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周平
青年、青江又兵衛の二十年余りをえがいた大河小説。NHKのドラマの「腕に覚えあり」の原作。
高校のころ滅茶苦茶はまっていました。
RECOMMEND
逆軍の旗 (文春文庫 (192‐11))
逆軍の旗 (文春文庫 (192‐11)) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周平
罪を背負っていけども、精神は清く。という印象を受けました。個人的にこの作品のそういう所が好きです。
RECOMMEND
明智光秀
明智光秀 (JUGEMレビュー »)
早乙女 貢
あえて天海和尚説に則ったところがすごい。とにかく光秀がカッコイイ。
RECOMMEND
三国志〈13の巻〉極北の星 (時代小説文庫)
三国志〈13の巻〉極北の星 (時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
北方 謙三
美周郎と馬超がカッコイイ。女性登場人物の殆どが不幸になります。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

ひょうぶろぐ

オフライン (現実) での諸事情により、思うように更新できない状態が続いております。
外部のリーダーでブログを無断で読み込むのは止めて下さい。
サーバーが重くなります。
<< 極東からトリック・オア・ハンドクリーム | main | 極東でアーでパー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
極東の
▽誕生日おめでとうございました、わたくし、兵部大輔です(誕生日は25日でした)。
只今、夏負けと実習とかで色々あって死亡フラグ乱立中ですが、生きています。11月はそれなりに何かしたいつもりですので、がんばります。
描きかけのもの色々他にUPするものがないのでずいぶん前のだけど
ただ、諸君、こんな言葉を知っているかね。
「予定は未定」
いくらでも覆るさ。お粗末。

追記:画像間違え指摘の方ありがとうございます。さっそく直しました!

あと、おまけの雑記


▽あと、折角記事書いて、用件だけ書いて放置じゃ味気ないので、ゲイム制作に関する下らない雑談でも。
私は設定はできるだけ緻密に作る派ですが、ときおり、話を描く上で邪魔にしかならないような余分な設定まで勝手に出来上がってしまうものもあります(創作あるある!)。今回は、そうした本編とは全く関係ない上に誰も知りたくはないであろう設定についてぐだぐだ書いておきます。

【テーマ:うちの子の酒事情】
キャラわかんねーという人は、スルーするか適当にゲームの登場人物紹介のページでも見てください(投げやり)。

・その他キャラ
うら美さん:
(幽霊なので飲めるのかが疑問だけれども、飲めるとして)たしなむ程度には飲めるけれど、飲んでる人の世話をしている方が好き。ザクロ酒とか、ヒアルロン酸コラーゲン入りキウイカクテルみたいな、ダイレクトに女性向けのお酒が好き。


・「汝」キャラ
左之助:
酒には割と強い。一人で飲むより沢山の人とワイワイ飲む方が好き。酔うとガサツ。酒の味に関してはこだわりはあまりないがどちらかというとスッキリ飲める方が好き。

水城姉さん:
普通に飲める。酔うと感情の起伏が激しくなる。高確率で泣くか怒る。

さな子:
酒はあんまり強くない。彼女の家は道場なので、よく門下生の男共が酔っ払って醜悪をさらしているのを見ている。だからさな子自体はあまり酒を飲が好きじゃない。

泰志:
酒はあんまり強くない。でも弱いわけじゃない。どちらかというと、酒よりもお酒を飲んでいる雰囲気が好き。酔っ払うと、説教臭くなる(1段階目)そして寝る(2段階目)。

新八:
酒には割と強い。一人で飲むより沢山の人とワイワイ飲む方が好き。酔ってる間は「弁慶」の方が前面に出ているだろう。酒の味に関してはこだわりはあまりないが、どちらかというと濃醇の方が好き。

葵姫:
酒には割と強い。酔うと感情の起伏が激しくなる。が、立場上弁えているので限度がある。多分梅酒とか果実酒が好き。

芹沢:
笊を通り越して滝。月でも愛でながら一人で飲む方が好き。みんな酔い潰れる中、「これアルコール入っているのか?」とか言いながらケロッとしている。まあ、神ですから(なんか安っぽい)。あまりないけれど、酔ったら暴君。日本酒や中国酒に菊花を浮かべて楽しむのが好き。薬酒も好き。神なので(こいつが言うとなんか安っぽい)お神酒やお供え物の酒も別もので好き。

ハジメ:
うわばみ。そして酒乱。酒が飲めるなら月だろうがクレーターだろうが、石ころだろうが愛でられる。



・「忌譚」キャラ
合作なので推測が占めます。
芳乃:
多分、強くはないだろう。だって、酔い潰れて醜態をさらして、暫く陽王にネタにされるというのが、妙に似合っている。多分リキュール派。しかも、桜のリキュールとか割と女々しいものを好む。

焔:
どこかの資料に「弱点:酒」「酔うとちょっと強くなる」と書いてあったような。まさかの酒乱!?
しかし、資料自体がかなり古いので没設定かもしれない。

皇:
未知数です。お酒に弱くても強くても似合っているキャラ。

陽王:
多分、酒には強いがマタタビには弱い。猫ですから!


・乙女げー(制作未定)
アスナ(主人公)と一色巽(髪金):
未成年ですから飲みません。

棗(メガネ):
酒は強くもなく弱くもなく普通に飲める。だが酔いやすい。しかし、計算高いのでペースを崩さなければそんな失態は犯さない。酒は割と好き。酔うといい加減になる、からの、甘えてくる(気持わry)。外国産のビール飲み比べが好き。それにさらにライムかレモンを絞って飲むのも好き。

友禅堂(和服):
酒に強い方ではない、と思う。ベロンベロンに酔ってもあまり表に出ない。酔うと支離滅裂になる。酒の味に関してはこだわりはあまりないが、どちらかというと甘めのカクテル派。

古谷(ヒゲ):
わりと酒豪。酔うと愚痴っぽくなるか説教臭くなる絡み酒タイプ。そうなる事が解っているので迷惑かけないためにも一人で飲む方が好き(本当に憂さ晴らすために飲んでますね)。ウイスキーやブランデーをチビチビ飲む。

帽子屋:
見た目通りの性格なのでワインとかシャンパンを優雅に嗜むタイプ(超ベタ)。(さらにベタに)赤ワインの方がより好み。


大体書ける範囲だとこんな感じです。本当にどうでもいいネタでたね。
ちなみに俺は全然飲めません。ちょっとでも飲むとすぐにアルデヒドで顔がむくみ、頭重を生じます。憂さが晴れないぞチクショウメ。
| お知らせ | 00:13 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 00:13 | - | - | |