CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
汝いづこへゆく
汝
和風RPGです。
               
PROFILE
OTHERS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
長州ファイブ  chosyu edition
長州ファイブ chosyu edition (JUGEMレビュー »)

映画館でも見に行きました。役者さんと史実の写真が結構似ている。
長州藩の5人留学生達を外国では長州ファイブと紹介したのが題名になっている。だから、戦隊物と間違えぬように。
RECOMMEND
世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)
世に棲む日日〈1〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
司馬遼太郎の幕末小説では、龍馬がいくもいいけれど、自分としてはこれを推す。松陰先生と麒麟児高杉晋作の物語。
RECOMMEND
花神〈上〉 (新潮文庫)
花神〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
大河ドラマの原作にもなった、大村益次郎に焦点を当てた面白い作品。
RECOMMEND
木戸孝允 (1968年) (中公新書)
木戸孝允 (1968年) (中公新書) (JUGEMレビュー »)
大江 志乃夫
あまり分厚い本ではないので手軽に桂さんと幕末明治の成り立ちを知ることができます。
RECOMMEND
氷川清話 (講談社学術文庫)
氷川清話 (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
勝 海舟
読んでいる間、勝海舟さんの生の会話を聞いているような感覚になりました。
RECOMMEND
新撰組流山始末―幕末の下総と近藤勇一件 (1979年)
新撰組流山始末―幕末の下総と近藤勇一件 (1979年) (JUGEMレビュー »)
山形 紘
新撰組を通して知る、千葉の歴史。まだ間違い探しできてません。
RECOMMEND
明治無頼伝 (角川文庫)
明治無頼伝 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
中村 彰彦
明治時代での斉藤一(というより会津藩士達)に焦点を当てた珍しい小説。
RECOMMEND
新撰組顛末記
新撰組顛末記 (JUGEMレビュー »)
永倉 新八
わざわざ壬生神社で買ったのに、近所の本屋に普通にあったという思い出があります。
RECOMMEND
用心棒日月抄 (新潮文庫)
用心棒日月抄 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周平
青年、青江又兵衛の二十年余りをえがいた大河小説。NHKのドラマの「腕に覚えあり」の原作。
高校のころ滅茶苦茶はまっていました。
RECOMMEND
逆軍の旗 (文春文庫 (192‐11))
逆軍の旗 (文春文庫 (192‐11)) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周平
罪を背負っていけども、精神は清く。という印象を受けました。個人的にこの作品のそういう所が好きです。
RECOMMEND
明智光秀
明智光秀 (JUGEMレビュー »)
早乙女 貢
あえて天海和尚説に則ったところがすごい。とにかく光秀がカッコイイ。
RECOMMEND
三国志〈13の巻〉極北の星 (時代小説文庫)
三国志〈13の巻〉極北の星 (時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
北方 謙三
美周郎と馬超がカッコイイ。女性登場人物の殆どが不幸になります。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

ひょうぶろぐ

オフライン (現実) での諸事情により、思うように更新できない状態が続いております。
外部のリーダーでブログを無断で読み込むのは止めて下さい。
サーバーが重くなります。
<< 極東で目線下さいって言ったのにさ…なんか動物に嫌われるんだよな | main | 極東独り言の独り舞台 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
極東より何か籠めて
▽こんにちは、そういえば頂いた年賀状イラストを(別館の兵部録外伝の方に)UPしようと思ったのですが、忍者のファイルUP方式が変わったせいで、更新が面倒になったので未だに展示できてない、兵部大輔です。こちら(本館のブログ)の方で公開しようにも、完全に時期を逸しております。今年の年賀状絵、頂いたものどれも素晴らしいものばかりなので、お披露目したいのですが・・・。あー・・・。

さて、今回は、ツクールのバトラー素材をUPです。
ペットにもしたい、動物特集です。

▽メンフクロウ
けっこううまくできたつもり
私はメンフクロウから、黒目がち過ぎるせいか、かわいいのに時々能面の様な恐ろしさを感じます。なるほど、フラットウッズ・モンスター。

▽猫
週末の大通りを 黒猫が歩く ご自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々 その姿から猫は 忌み嫌われていた 闇に解けるその体めがけ石を投げられた(うろ覚え)燃え尽きたぜ真っ白だ・・・
猫ですね。ネコ目(食肉目)ネコ亜目ネコ科ネコ亜科ネコ属ヤマネコ種イエネコ亜種。どこまでいっても猫はネコなんですな。

▽兎
ウサギ目ウサギ科日本は太平洋戦争中、食糧確保と防寒具作りの為にアンゴラ兎の飼育量世界一だったとか
兎ですね。彼らの真ん丸さ加減はハンパ無いですね。日本で兎の伝説と言えば「因幡のしろうさぎ」ですが、そのうさぎは「素(ただの)兎」であって白い兎の事ではないという説があります。なんだか。

▽秋田犬
凄い名前で登録されている事が多いアキタイヌ
名犬ハチ公よろしく、アキタイヌです。日本固有の犬種の中で唯一の大型犬です。国の天然記念物です。なので、飼う時は登録が必要です。分類は、ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ属。

▽ノヅチ(野槌)
日本酒が好きで、鳴き声は「チー」らしいです
野津霊(野の精霊)という意味。草の女神カヤノヒメの別名とも言われる。そして、ツチノコとも言われています。
文献では眼が無いものも多いですが、ツチノコと同一視されることが多いのでツチノコよりに描かせて頂きました。
近代化が進んだ今もなお目撃情報がある、愛すべき妖怪です。

▽モモンガ
野性のではなく、ペット用の愛玩動物のフクロモモンガです。
木の穴で生活するから
モモンガというと、「ももんぐあ(もしくは、ももんが)」という妖怪がいます。「ももんが」とは、昔電燈などが無かった時代、松明をもって歩いているとどこからともなく突然吹き消されるという現象を擬人化したような妖怪です。今回UPしたモモンガとは似ても似つかない姿をしています。それに関しては機会があったら書いてみたいと思います。
それと、モモンガとは鵺です。それに関しては語ると長いのと面倒なのとで割愛します。気になったら各自ググろう。


利用報告などはコチラに↓


| ツクール素材 | 13:36 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 13:36 | - | - | |